-雑記

2017年1月24日 (火)

sony PRS-350 7年落ちの電子書籍

Img_20170124_041421

電子書籍リーダーのKOBO 905を使ってみて気に入ったので、悪いクセでソニーの型遅れのリーダーをいくつか集めてしまった⤵
(すでにソニーは電子書籍事業から片足抜いているようなのですが…)

PRS-350は2010年製。6・7年前のものなので最近のものとくらべると、

デザインも個性的で気に入っている。最大の特徴は5型の画面。

小さいですが読むのは間題無し。

全体の大きさも文庫本より小さくて出先で読むのには丁度いい大きさ◎

wifi機能がないのでPCから書籍データを転送することになるのですが、

読書ペースを考えると、そんなに頻繁なことでもないので無くても問題なし。

活字画面のページ送り時の画面書き換え(画面が一瞬反転する動作)が、

毎ページおこなわれるのは古さの証しですが、

使ってみると、読書ペースが遅いこともあって、さほど気にならず・・・でした。

おまけの機能で手書きメモができるけど、おまけレベルかな(^-^;)

さて、koboもそうでしたが、使っていると突然フリーズなんてことがあります。

この手の電子書籍にはつきものなのかな。

2016年11月 5日 (土)

ウォークマンNW-HD5のハードディスク

Dscf0429

ジャンク箱から買ってきたNW-HD5。
いい感じにぼろぼろの外観で問題なく聞くことができる。
バッテリーは死にかけのようで1時間くらいしかもたない。
中を開けてみたくなったので
いろいろ調べてみるが、開け方が分からなかった。
底のネジ2本外せばいけそうだけど
バッテリーボックスのふたが邪魔で中身が出てこない。
悪戦苦闘して中身をだしてHDDを取る。
中に入っていたのは、TOSHIBAのMK2006GALというHDでした。
これを容量の大きなものに替えればたくさん音楽が入るらしいのです。
コネクタは IDE 50ピン。
さてバッテリーもへたっているので
どうしたものか。

続きを読む "ウォークマンNW-HD5のハードディスク" »

2015年4月25日 (土)

SHARP 電子ノートWG-S20レビユー

Page0010_2
WG-S20

シャープ電子ノートWGーS20を一ヶ月使ってみて。

見づらい液晶を我慢して、
ひと月じっくり使ってみたら、
すっかり手放せなくなってしまいました。
いつもパソコン周りに散らかっていたメモ紙がなくなりすっきり。
「あのメモ用紙どこいったっけ」と慌てることもなくなりました。
丁度、スマホを使い始めたのと相俟って、作ったメモデータの活用幅も広がりましたし。
暇つぶしにイラストなんて描いてみたりと、実用と楽しみの両面で大活躍しておりました。

が・・・しかしです。

先日、不注意でひと月書きためたメモ内容をすべて消失してしまいました。
私の不注意なのですが・・・。

ことの顛末を書くと、
USBでスマホと接続した後、
ノートのUSB接続画面の「キャンセル」をタッチするのですが、
画面の反応が遅いのでつい、何回かタッチしてしまい。
画面が切り替わった位置にある
「リストア実行」→「はい」という流れで

バックアップデータにリストアされてしまいました。

しかも、再生されたバックアップデータは
購入後3日目にしか取っていなかったので・・・・はぁぁぁぁぁあぁぁ・・・

ということです(泣)。

そもそもバックアップデータを頻繁に取っていなかったのも敗因なのです。
私としては取っていたつもりなのですが、やり方が間違ってました。
シャープの電子ノートユーティリティで
パソコンから「バックアップファイル管理」で
ファイルを移せばバックアップされていると思っていたのですが・・・
実はノート内で「バックアップファイル作成」しておかないと
バックアップファイルは更新されないということでして・・・。
私はせっせと同じバックアップファイルを
パソコンに移していたというお間抜けなことをしていました。

が、しかし。私だけが悪いわけではありません。

ノートのUSB接続の画面の「キャンセル」ボタンの位置が
その次の「リストア実行」ボタンと「はい」の位置と全く同じ
なのと、
USB接続画面の「キャンセル」ボタンをタッチしても
すぐに次の画面に切り替わるまでにちょっとタイムラグがるのが問題。
せめて。「リストア実行」の位置がちょっとでもずれていれば
こんなことにはならないのですが・・・・・

便利に使っていただけに、一ヶ月分のデータを無くしたショックは大きくて、
しばらく立ち直れそうにありません。
バックアップファイルをこまめに作成するようになったのは言うまでもありません。

あっ、このシャープの電子ノートは便利なので捨てずに使います(^^)

 

2015年4月13日 (月)

シャープ電子ノートWG-S20で描いてみたシリーズ

Page0007_2
映画「チャッピー」
「第9地区」の監督の映画だそうで、
おもしろそう。
Chappieneill_blomkampposter002_2

2015年3月23日 (月)

シャープ 電子ノートWG-S20購入記 3

Page0002_2

SHARP WG-S20


実際に数日使ってみて。
画面の暗さはちょいちょいがっかりさせられるけど、
そこは我慢して使えるレベル。
たぶん問題は画面の暗さよりも画面の表面反射!
室内で光源の位置が悪いともろに反射して何も見えない。
日中の屋外は明るいので問題なく使える。
 
少し馴れたので下手なイラストでも描いてみた。
わはは、タノシイ・・・
 

文字を書くのも苦ではなく、数枚、ページいっぱいに字を書いてみたが
紙のような気持ちで書けた。
自分のようなスマートホンも持っていないアナログな人には
丁度よいものなのかもしれない。

 
そうそう、こういう商品を"ガジェット"と呼ぶらしい、
愛用している”ポメラ”も同じジャンルのようだ。
ポメラも今では手放せない道具になっている。
どうやら白黒画面が好きなのかな(笑)
子供の頃のテレビも白黒だったし・・・・

2015年3月20日 (金)

シャープ 電子ノートWG-S20購入記 2

Page0003
SHARP WG-S20
 
某大型家電量販店のウェブ通販の価格の安さと
実店舗での価格の差に???
実はウェブで注文する前に、近所の大型家電量販店で
電子ノートの実機は体験済みである。
届いたWG-S20は思いの外小さいパッケージであった。
小さな箱には本体とUSBケーブル。薄い取説だけ。
シンプルでいいなぁ。
さて、取り出したWG-S20のスイッチオンにして思った・・・
「画面が暗い!」
 
某家電量販店で見ているので、わかってはいたのだが・・・
昼下がりの薄暗い室内では見にくかった。
気を取り直して、
部屋の電気をつけると、それなりに見られる画面になった。
一応、使う前に画面に保護フィルムを貼っておく。
ダイソーで100円で買ってきたiPad用を画面に合わせてカットして張り込み。
使ってみて不満があれば剥がせばいいし。100円だし
それから、オレンジのカバーはやっぱり嫌だなぁ。
カバーの材質も安っぽい合皮だ。
背面は本体むき出しなのも、どうも・・・・
傷に神経質な方ではないけど、半分むき出しみたいなものだから、
ごちゃごちゃのバッグに放り込むのは気が引ける。
 
そんなことはわかっていたこと。
気を取り直して、使ってみる!
 
シンプルすぎる機能故、特に説明書を読むこともなく使うことができる。
「スケジュール」と「ノート」の取り扱いの違いも難しくない。
スケジュール機能とノート機能は全く連動しないものなのだから。
ペンの書き心地は店頭で実機を片手に持って書くより、
テーブルの上に置いて、実際のノートのように書くと、
数倍よかった。(よく考えると当たり前だけど・・・)
さすがに、本体に入っているスケジュールサンプルのように小さな文字は書けないけど、
まぁまぁ小さい文字は可能だ。
スケジュール機能はカレンダーと連動するが、書き込んだものは、あくまでも手書き文字という画像なので、検索もできなければ入れ替えもできない。
カレンダーを指定すると、その日が載ってるページを表示するというだけ・・・
わかってはいましたが本物の「電子のノート」です。
とりあえず、なれてしまえば使い心地は悪くないです。
特に書き心地は。
 
「ノート」なので書き心地が命です
 
ーつづくー

2015年3月19日 (木)

シャープ 電子ノートWG-S20購入記 1

Page0001
SHARP WG-S20
先日、妻が
「トイザらスに書いて消せるお絵かきボードの電気のやつがあって、それで子供がお絵かきして遊んでた。それよかったよ~」と

「それはブギーボードじゃないか。」と自分。
そう言いながら、ウェブから画像を出すと
「それそれ。子供が気に入ってた」
「そうか。」
と言いながらブギーボードを調べ始めた。
調べ始めると、必ず類似の製品も見るわけで
「電子ノート」なる検索単語もすぐに学習。
ものの数分で市場調査終了。
そして、ほんの数分で自分の興味の対象が
ブギーボードからシャープの電子ノートへ・・・・
あぁこの展開。
数年前にキングジムのポメラを買ったときに酷似してる・・・・。
すでに、ブームが去ってる頃に知ってしまうという鈍くさい展開も同じだ・・・
そして、シャープの電子ノートラインナップの3機種のどれを選ぶか迷う。
この展開も同じだ・・・。
結局、妻に頼んで買っていただいたのは
WG-S20
ひとつ前のWG-N20は黒カバーが選べてよかったのだが、
スケジュール機能が使いたかったので、S20になってしまった。
WG-S20の最大の特徴は取り外せないカバー。
しかもオレンジなのだ。本体色は白で問題ないのだけど・・・。
(N20とN10はカバーが取り外せるので、好みのカバーに替えることが可能)。
某大きいカメラ屋さんでウェブ注文。翌々日には届いた。
ーつづくー

続きを読む "シャープ 電子ノートWG-S20購入記 1" »

2013年5月22日 (水)

ホッとした一日

Dscn0296
NIKON COOLPIX S7c ZOOM NIKKKOR ED5.8-17mm

今日は二年ぶりにバイクのユーザー車検に行ってきました。

バイクのユーザー車検は一度経験すると
「なんだ車検ってこんなものかと」
間違った理解をしてしまいそうなほど簡単だ。
なにも問題がなければ。(^^;)

自分でそれなりにバイクの面倒をみられている人なら、
ほとんど問題ないことが多いけど、
光軸(ヘッドライトの)検査だけは、かなりの率で引っかかる。
自分もここ数回負け続けている。
もともと左に転倒してカウルのステーが曲がったバイクなので、光軸はずれているのが当たり前のバイクだった。
前回は検査に落ちて、近くの予備車検工場で調整範囲ぎりぎりに調整してもらって、なんとか通した。
ちょいちょいと調整してもらって、だいたい2000円が相場だ。
貧乏な自分に取って、このお金も結構痛い。
いや整備屋さんの価格は妥当なのだけど。

今回は家で整備するときに自分なりに調整してみた(いつもは無策だった・・・)。
調べると10mで20cm落ちるのが基準のようなので
2mで4cmに調整して持っていった。
シートへの体重のかけ方も考慮するのは当たり前だが、
当日の荷物の重さも考慮する。
(車検場には一揃いの工具を荷台に積んで行くので、思いのほかリア下がりになってしまうこともある)

午前第二ラウンドという格闘好きにはたまらない予約時間帯に到着。
とっとと、代書屋に飛び込んで書類を書いてもらう(因みに代書代1000円)。
代書屋さんに次にどこに行けばいいかを教えてもらって、指示にしたがう。
(もう何回も来ているが、二年経つときれいさっぱり忘れているのである)
車検場の5番窓口で書類提出。書類確認OK。
検査レーンへ。ここから実際にバイクに乗って場内を移動して検査レーンに入る。
今日は何台か待っていたが流れはスムーズ。

まずは車体のチェックと灯火類のチェック。
ここでライトの光軸に気をとられて、基本的な灯火類のチェックをすっかり忘れていたことに気づく。
ウインカーやストップランプは自走の際になんとかなっていると思うが、ホーンの確認をしてなかった。
しかも、ホーンなんて二年前の車検以来たぶん鳴らしてないぞ。
検査員の「じゃ、ホーン鳴らしてください」の言葉に
薄ら笑いを浮かべながらボタンを押す自分。
案の定、すかしそこねたオナラのような変な音が・・・。
検査員と何気に目が合う。
すかさずもう一度押し直すと、
「べーーーーー」といい音が鳴ってくれた。

ホッとする自分。

その後も車体周り、特にステム付近は執拗に目視してくる。
車体番号の偽造なんかを疑っているのか?
ちなみにハンドルロックも検査する。
ロックのないハーレーなんかは南京錠でもOKだ。
検査官の勘で怪しいなと思ったバイクは、
メジャーで測定される。ハンドルなんか替えてるとすぐに引っかかる。
でも構造変更の申請をすればOK。

次が排ガスのチェックだ。2000年くらいからの車両はかならずこれがある。
排ガス内の成分を調べているのだけど
自分はいまいち内容がわかっていない(^^;)
これで引っかかるとやっかいだ。
冬場のエンジンが冷えているときなんか検査に落ちやすく。
対策として、車検場の周りをグルグルツーリングしてエンジンを十分暖めてから再検査して通したこともあった。
この検査も難なくパス。

次はテスターに乗ってのブレーキ検査と速度計検査。
そして、いよいよヘッドライトの光軸検査。
テスターの前で待っていると、前のバイクは「×」印を出されていた。

当然、自分の顔にも緊張が走る。
ブレーキ検査と速度計検査を消化すると、
バイクの前に検査用の四角い箱がウィーンとあらわれて、検査が始まる。
落ち着いて、昨日思い描いていた、作戦を実行。
光量確保のためにエンジン回転を少しあげる。
そして、シートへの体重を練習したとおりに。
待つこと10秒くらいか。
前方の電光掲示板に「○」の表示が!

ガッツポーズをしたいのをぐっとこらえて
自動はんこ機でを判子を押して
出口の総合検査室のにいちゃんに
最終のハンコを押してもらって検査終了。

事務所の6番窓口に書類提出。
新しい車検証とシールをいただいて、無事終了。
滞在時間40分。たぶん今までで最速の記録です。

さて、実はこの二年間で乗った距離がたったの500km。
諸事情あって乗れなかったが・・・・。
今年はたくさん乗れるかなぁ?
では、また二年後。

Dscn0299

2013年3月11日 (月)

二年………

120005_newsr1_35mmf4_12blog_3

NewSR-1+W.ROKKOR-QE 35mmF4

今日で震災から二年。

あれから二年。

直接被災した人には遠く及びませんが、

あのときの気持ちを思い出すと

涙がでてきます。

復興の道程はまだまだ長い。

 

2013年1月16日 (水)

ポメラDM20 の感想〜DM5 とDM20〜

ポメラDM20<br />
 の感想〜DM5<br />
 とDM20〜

ポメラDM20<br />
 の感想〜DM5<br />
 とDM20〜

今日はポメラDM20を買ってきた。
昨日、近所のリサイクルショップをのぞいたときに見つけて気になっていた。オークションの落札価格と変わらないし(6900円)、メール会員なると一割引きらしいのでお得だった。少しスレがあるものだったがキーボードはあまり汚れていないので、鞄の中で持ち歩きに使われていたような感じ。気になっていたキーボードの不良もなかった。

さて、持ち帰って使ってみると。

「あー見やすい」

というのが、最初の感想。

とりあえず工場出荷時に戻すために、「S」+「T」+「リセット」を押してメンテナンスモードを起動して工場出荷時に戻した。

新品の電池を入れ、日付を設定して。準備完了。
早速画面の感想。5インチの画面は圧倒的に見やすい。液晶の角度など変えなくてもどの角度でも見やすい。DM5ではウォーリーを探せ状態だったカーソル探しも、あまり見失うことがなさそうだ。フォントサイズは24×24の文字が画面内の文字量と文字自体の見やすさで私は好きかも。反転表示(背面黒文字白)にするともうひとつ小さい文字でも使えるレベルかも。一番小さい文字は実用的ではないかな。
キータッチは中古品なので正確なものではないかもしれないが、バネがきいてしっかりしたような感じ。DM5と比べてもリバウンドのバネが強く感じる。特に不満はないがキーボードの開閉はDM5のほうが遙かに使いやすい。華奢で壊れそうだなぁとも思う。右側にでてくる補助の足は出さなくても気にならなかった。たぶんほとんど使うことはなさそうだ。

有名なQRコード変換は重宝しそうだ。
DM5からのデータ移行は。使用していたマイクロSDを差し替えればカレンダーのデータはそのまま使えるかなと思ったら、カレンダーには連動しなかった。残念。パソコン上でデータを移動してカレンダーデータを移動した。

外観は全体にラバーコートされているので、あまりよい印象ではない。古いカメラでラバーコートには散々悩まされているから(経年変化でベトベトになる)、なんでこんな仕上げにしたのか疑問。埃も吸着しやすいし、DM5のようにプラスティックの素材そのもののほうがシンプルでよかった。汚した時もゴシゴシできる(^^;)

色は黒のリザードパネルのものだった。全体は黒。私的には黒いキーで黒い外装というのは全く好きじゃない。もっと明るい色の方が好きだ。DM5はピンクパネル(ロゼぽい色)で全体は白を使っている。こっちの方がテーブルにおいていても何となく存在感がなくてよいと思う。真っ黒のDM20は存在感がありすぎて嫌だなぁ。かわいくないし。

試しに車の中で使ってみた。DM5だと使う気がしない環境だけど、DM20だといまったく問題なく使える。キーボードのギミックも膝の上で使うにはDM5のものより都合がいいようだ(DM5の中折れ式は膝上の一点支持だと中折れしてしまう)。

一番気になるのは大きさと重さかなぁ。サイズはほとんどDM5と変わらないが、厚みが2ミリくらい厚い。全体的な色の印象もあるが、一回り大きくてズッシリした感がある。
DM5でも持ち歩くには大きいかなと思っていただけに、わずかな違いが気になる(まぁ使い馴れれば気にならないかも)。

ここまで使って。室内で使うときはディスプレイはがばっと開いて全倒し(机と平行に)で使う方が見やすくていい。照明との位置関係もあると思うけど、紙媒体を見ているような角度がいいのかもしれない。ただ全倒ししたときにキーボードが少し浮くのが気になる。ガタガタするようなことはないけど。

まとめるとDM20はDM5より使いやすい。あたりまえだけど。大きな画面で長文を仕上げようという気持ちにもなる。DM5ではアイデアや殴り書きのような感じの用途までという感じだったけど。DM20なら前後の文章を確認しながら書いていける。ただ、そのぶん気軽さは少しなくなるのかも。DM5は文章の全体を見渡す気がしないから、後ろを振り返ることなく進んでいけるような気がする。DM20ではつい後ろを振り返って筆が進まないということもあるかもしれない。使用目的やその人のスタイルで意外とあっている機種が違うかもしれない。どちらにせよ所詮メモ機という範疇で考えると、単純に多機能・高性能なものがよいのではないのでしょう。使い比べてDM5もよいなとも思ったし、DM20がいいなとも思った。

まぁえ偉そうに書いてるけど素人の感想です(^_^;)。

さあメイン機はどちらにしようか???

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ