*備忘録

2013年3月12日 (火)

ニコンF80のカスタムファンクション

備忘録

1.)フィルム終端時の自動巻き戻し
  セット内容 0:する 
        1:しない
 ※フィルム巻取りを自動で巻き戻し開始するか、しないか。

2.)フィルム交換時のフィルム感度自動設定復帰
  セット内容 0:する 
        1:しない
 ※フィルム感度の自動設定をフィルム交換後に自動設定にする。しない場合は、常時手動設定。

3.)オートブラケッティング撮影時の補正順序
  セット内容 0:初期値 
        1:マイナスからプラス側へ。

4.)構図用格子線表示(ファインダースクリーン上に)
  セット内容 0:初期値(しない) 
        1:する

5.)フォーカスエリアの照明
  セット内容 0:被写体の明るさにより自動照明 
        1:照明しない 
        2:被写体の明るさによらず照明

6.)フォーカスエリアの選択を循環方式に変更
  セット内容 0:しない
        1:する

7.)シャッターボタン半押しによるAEロック
  セット内容 0:しない
        1:する

8.)裏蓋を閉じるとフィルムの空送りを開始
  セット内容 0:する
        1:しない
  ※しない場合は、空シャッターを切ってフィルムを送る

9.)S(シングルAFサーボ)での至近優先ダイナミックAF
  セット内容 0:する
        1:しない

10.)C(コンティニアスAFサーボ)での至近優先ダイナミックAF
  セット内容 0:しない
        1:する

11.)AE/AFロックボタン操作による同時ロック、単独ロック、AEロックの維持、AF作動の開始
  セット内容 0:AE・AFの同時ロック
        1:AEロックのみ
        2:AFロックのみ
        3:AEロックの維持
        4:AF作動
        
12.)コマンドダイヤルの機能変更
  セット内容 0:しない
        1:する
  Mモード時にメインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの機能の入れ替え

13.)フィルム巻き戻し方法の変更
  セット内容 0:通常巻き戻し
        1:サイレント巻き戻しモード

14.)多重露出撮影時の撮影方法の変更
  セット内容 0:1コマ撮影
        1:連続撮影

15.)半押しタイマーの作動時間の変更
  セット内容 4:4秒  8:8秒
        6:6秒  16:16秒

16.)セルフタイマーの作動時間の変更
  セット内容 2:2秒  10:10秒
        5:5秒  20:20秒

17.)各ボタンの操作によるイルミネーターの点灯
  セット内容 0:しない
        1:する
 
18.)内蔵AF補助光の照射
  セット内容 0:する
        1:しない

19.)コマ間データの写しこみ時のフィルム感度のセット(F80Sのみ)
  セット内容 0:自動設定   3:ISO100
        1:ISO25以下  4:ISO125~200
        2:ISO32~80  5:ISO250以上

2012年4月22日 (日)

CANON EOS55 カスタムファンクション

  1. フィルム自動巻き戻しの設定
  2. フィルム自動巻き戻しのフィルム先端状態
  3. DXコード・ISOフィルム感度自動設定 0:する 1しない
  4. AF作動の変更
  5. セルフタイマー併用ミラーアップ撮影設定 0:セルフ 1ミラーアップ
  6. 後幕シンクロ設定
  7. AF補助光自動投光設定
  8. AFフレームに連動した部分測光/FEロックの設定
  9. 絞り優先AEでストロボ撮影時のシャッター速度設定
  10. AFフレームのスーパーインポーズ設定
  11. 視線入力による被写界深度確認機能

カスタムファンクションの設定はついつい忘れてしまいます。

出先で携帯から確認できるようにメモっておきます。

 

EOS5シリーズの流れのEOS55は当時のアナログダイアルブームに乗っかった

EOSぽくないデザインが気に入ってシロとクロを持ってました。

どちらも今となっては二足三文。

軽くて一通りの機能が揃っていて、

ファインダーもプリズムを使用しています。

 

初期EOSのシャッターユニットのダンパー疑惑に巻き込まれ

手を出しにくい機種の仲間入りをしてましたが、

最近の相場の後押しで一気にジャンク籠に投げ出される身の上となってしまいました。

 

疑惑のシャッターユニットダンパーゴム加水分解ですが、

EOS55では症状がでるものと出ないものがあるらしいです(ネットうわさ調べ)。

なんでも途中で部品が変更されたらしい。

私が所有のEOS55はまだ大丈夫のようです。

 

同様に初期EOSの620も疑惑に巻き込まれていました、

これも例外的に同症状はでないユニットをつかっているらしいです(ネット噂調べ)。

確かに私の持っているEOS620にも油染みはありません。

 

まぁ機械なんでいつかどこかが壊れてくるんでしょうけどね。

そう考えると

再生可能な金属機械式カメラがベストチョイスなのかなぁ。

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ