-壊れたカメラ達

2013年5月11日 (土)

EOS KISSⅢ 電池蓋とシャッタボタンの修理

A

EOS KISSはハードオフのジャンク箱の頭数要員として馴染み深いカメラです。
(デジタルEOSKISSの話ではありません。フィルムカメラの話です)

ふた月ほど前に、200円の「NEW KISSシルバー」を保護してしまったのをきっかけに、
NEW KISS黒、KISSⅢシルバー、KISSⅢLとコツコツ保護活動を続けてしまった。
一番見かけないKISSⅢの黒を先日保護して初代KISSからのデザインを受け継ぐKISS二世代が集まることになった。
初代KISSは例のダンパー崩れがあるので、保護対象にはならなかった。
初代KISS海外仕様のEOS3000はもう十年来のうちのカメラ庫の住民だ。

EOS3000でも十分と思っていたが、NEW KISS、KISSⅢはさらに使いやすかった(^^)。
オートフォーカスはNEW KISSは三点だが、KISSⅢは七点と十分な数で任意選択可能
オートブラケッティングにプレビュー機能(KISSⅢから)と必要十分な機能。
安っぽいプラマウントと、ダハミラーのファインダーは重量の面では随分貢献している。
この頃プラマウントととダハミラーを選ぶことはコスト大戦争中のファミリーカメラの宿命だったけど
戦争末期にはついに掟破りの金属マウントへと各社戻っていった。標準ズームレンズ側はプラなのに。
話は戻って、自分みたいなテキト-モノクロスナップしか撮らないものにとって
200円のKISSで十分過ぎるほどの機能と精度を持っていると思うし、
軽いボディは自分の使いかたにはぴったりだ。
ちなみに、ジャンク箱の中で見つけたボディキャップは十分ぼろぼろだったが300円だった。
なんだか複雑な気分でそっと箱に戻した。

さて、手に入れたKISS達だけどグリップのベトつきを除去すれば問題なく使える状態のものばかりだった。
最後に手に入れたKISSⅢ黒だけ電池蓋とシャッタボタンの調子がおかしい。
電池蓋は割れていたので、部品取りに確保していたものから移植を決意。
調子がおかしいシャッタボタンもついでに修理できればと分解開始。

続きを読む "EOS KISSⅢ 電池蓋とシャッタボタンの修理" »

2013年3月29日 (金)

ペンDを整備

Pict1224

ずっと、マイジャンク箱に放り込んでいたPEN Dを引っ張りだして清掃レストアしてみた。

不具合はシャッターを切った後に巻き上げができくなるが、ゴニョゴニョやると復帰する。絞り、シャッター自体は問題ない。レンズはカビあり。露出計は動いてるけど反応が弱い。外装が青錆だらけ。

続きを読む "ペンDを整備" »

2013年3月22日 (金)

コンパクトレンジファインダー機_ フジカGER

Pict1097
フジカGERはカメラ収集のきっかけとなったカメラ。

買ったのは天神のカメラのドイの中古コーナー。たしか六千円くらいしたかなぁ。
いくつかカメラは持ってたけど、カメラのことはまったく詳しくなくて、ショーケースに並ぶGERの見た目と値段だけで選んだ。
もちろん、GERがEE機(プログラムシャッターの電子シャッター機)ということも知らなかったし、距離計付きということもしらなかった。AFじゃないということくらいはわかってたかなあ。

久しぶりに引っ張り出すと、軍幹部の明かり取りのアクリル窓がはずれかけていた。ここは以前にもはずれて、フジに送ったことがある。富士フイルムは丁寧に修理して送り返してくれた。調整までしてくれてすべてサービスだった。発売から二十年は過ぎてたと思うのに無料修理とは・・・と驚いた記憶がある。今はもうやってくれないだろうなぁ。あのころと比べるとずいぶん世知辛い世の中になっちまったし。

Pict1107
軍幹部の分解は簡単でネジを全部はずして巻き戻しノブと巻き上げレバーをはずせばぱかっと取れる。シンクロコードもコードで繋がっていない設計なので分解には都合がいい。
軍艦部がはずせたら裏から接着剤でアクリル板を接着し直して、軍艦を戻したらおしまい。

GERは兄弟機のGEの上位機種。レンジファインダーとセルフタイマーを載せている。
GEは目測機でGERのお兄さん(一年前に発売)。他にGAとDATEも兄弟機かな。
同じ38mmF2.8を使った機種はこのあとのフジカシリーズでずっと続いていく。同じ構成のレンズだと思っていたら、GEのシリーズの後のFLASH FUJICAから4群4枚構成になっている。GERは3群4枚(ウェブ調べ)

Pict1135

写りは良いと思う。そういう評価も多い。気に入っているので同じレンズのGAとHDシリーズも集めた。
スナップには潔く目測機のGA・GEのほうが向いていると思う。
フードは純正品じゃないものを取り付けた。距離計の小窓がフードにかぶるので穴を開けた。もとはNIKONのNH-33。プロネアのズームレンズ用だったと思う。今は46mmの穴開きフードが売ってるのね。

久しぶりに一本フィルム通そうかな♪

Pict1131


 

 


2013年2月28日 (木)

EOSのグリップのべとつきを自分で・・・直す

久しぶりにマイカメラ箱を覗いてみる。

最近、格安EOSKissジャンク(105円)をひとつ手に入れて、

この頃のファミリー向け一眼レフの完成度に関心してした。

コスト重視の設計だけど、機能は十分。

Dsc02894

ごそごそとカメラ箱から死蔵のEOSを取り出す。

うちにはEOS55が白と黒が1個づつある。

どちらも10年くらい前に大活躍してくれた。

が、久しぶりに触ったら、手が真っ黒。

お約束のグリップラバーのベトツキ。

EOSシリーズは内部も外部もベトベトで死んでいく。

持病のシャッター幕のダンパーゴムが溶け出したらほぼアウト。

でも、グリップのベトつきなら簡単に除去できる。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

続きを読む "EOSのグリップのべとつきを自分で・・・直す" »

2013年2月27日 (水)

二コノスⅣ−Aを手に入れました。

Dsc02847

久しぶりにカメラを購入した。
もちろんフィルムカメラ(汗)。

もう買わないと堅く誓ったのだけれど、
ジャンクカメラを覗いてしまったのが運の尽き。
あっさりと誓いを破ってしまった。

手に入れたのはニコノスⅣ-AとNIKKOR35mmF2.5。

ダイビングはしたことない・・・・
これからするつもりもない・・・・

なんだけど、ニコノスは以前から欲しかった・・・(^^;)

まだⅤ型が生産中止になる前、量販店で展示品を触った時に静かなシャッター音に一目惚れしていたのだ。
縦走りの金属幕フォーカルプレンシャッターはバチャバチャうるさいものだけどニコノスは防水ボディのおかげで、レンズシャッター並にとはいかないけど静かさはトップクラスだと思う。

Ⅴ型のオリーブ色が欲しいなと思っていたけど、
ⅣーA型がレンズ付きで私の前で「買ってくれ」と泣いていた。
使い込まれたボディとレンズは、
何回も海に潜ったんだろうなぁと思わせる。
ⅣとⅤ型のニコノスを写真で見ると、Ⅴ型はカラフルだし、Ⅳ型は真っ黒。
どちらも形状からプラスティックなボディを想像してしまうのだけど、
実際はアルミダイキャスト。使い込むと塗装が剥げてアルミ地が出てくる。
重さもしっかり重い。レンズ付きで990g。ほぼ1kg。

Dsc02852

レンズはレンズNIKKOR35mmF2.5。
このレンズはニコノスの標準レンズで、35mmだけど水中だと水の屈折率の関係で50mm相当の画角になるというもの。
またニコノスの交換レンズで地上で使えるのはこのレンズだけだったと思う(確か・・・他は水中専用だった)。
この35mmのレンズはもともとニコンS時代からの伝統のレンズでその描写にも定評がある。
レンズの鏡胴にはでっかいノブが二つあって一つは距離、もう一つは絞りの設定用になっている。
もちろんフォーカスは目測。このレンズのいいところに絞りと連動して、距離メモリに被写界深度が示される。これである程度目測に自信なくても安心できる。

ニコノスⅣーAとⅤの大きな違いは、中身がEMとFGという憶測どおり、シャッタースピードがマニュアル設定できないという部分(ボディ形状やストロボTTL同調などもありますが)。
実際に地上でモノクロスナップするのに、このカメラでマニュアルで露出を決めることもなさそうなのでⅣでも十分だと思った(Ⅴのほうが相場が高いのもⅣでいいかと思った理由だが・・・)。

さて、連れて帰ったニコノスⅣーAは擦れてボディのアルミ地が出てる。男前なボディ。電池を入れると問題なく動いた。レンズも傷ありだったが、そんな事は気にしないのがこのカメラの使い方だと思う。

静かなシャッターと文鎮ボディーで伝統の35mmF2.5の写りに期待してお出かけしよう。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

2012年5月10日 (木)

ペンFTを・・・

R0012038_2

 

もう7-8年前に手に入れて一度もフィルムを通していなかった

オリンパスのPEN FT を久しぶりに触ってみたら

巻き上げ途中でストップ。

ミラーアップしたまま冬眠状態になりました。

というのが一年位前の話で

 

最近再び使ってみたくなったので

修理しようと取り出しでみました。

とりあえず底蓋を開けてみて

  ・ 

  ・ 

  ・ 

  ・ 

  ・ 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

  ・ 

  ・ 

  ・ 

  ・ 

  ・ 

続きを読む "ペンFTを・・・" »

2012年4月23日 (月)

カメラを三つ。

Dsc01134

近所のフリーマーケットで

手に入れた三台。

各500円也。

もう安いんだかなんだかわからない値段。

売っている方には申し訳ないなと思いながら

頂戴してきました。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

続きを読む "カメラを三つ。" »

2012年4月 9日 (月)

ミノルタ X-7 

Dsc01127

銀色のミニ(車)がいい感じの場所に止まっていたので
一枚撮ろうと
バッグの中からカメラを引きずりだして
ファインダーをのぞいたら・・・

「????」

像が何も写ってないうえに半円の白。

「あー壊れちゃった」

古いミノルタのX-7(宮崎美子CMで懐かしい・・・)

ミラーが途中で止まってるのかなと思いながら
レンズを取ってみると

ファインダースクリーンが落ちてました・・・・

スクリーン交換できないタイプなので
再取り付けには上から分解していかないとだめかな・・・

あー面倒くさい。

もう一台 X-7があるので
そっちのリペアと一緒にやろう。

とりあえず中のフィルムを別のカメラに入れなおし。

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ