« 2012年6月29日首相官邸前 その3 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その5 »

2013年6月 1日 (土)

2012年6月29日首相官邸前 その4

120014_f90_ainikkor35mmf2_04
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120014_f90_ainikkor35mmf2_07
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120014_f90_ainikkor35mmf2_09
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120014_f90_ainikkor35mmf2_12
NIKON F90 Ai35mmF2 201206



引き続き、昨年の官邸前集会の写真をいくつか載せます。

外人さんもイラスト描いて!
親子もにっこり!
自慢の絵を見ておくれ!
みんな何か書いてきた!





↓ポチっと押してください

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

« 2012年6月29日首相官邸前 その3 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その5 »

-スナップ(街)」カテゴリの記事

コメント

どもども、ブロッソン殿。そして先輩諸氏の皆様。

いえいえ、あっしは本当に「アジアの一員」というのを名誉だと思っているんですよ。
草食系などと言われながらも熱量があるなと感心します。
それにブロッソン殿も仰っていましたが、自然発生的に集まった10万人もの群衆が、暴徒化もせず略奪もせずに自然解散するのですから、我が国の未来も捨てたものではないのでは。そんな国は、太陽系では我が国くらいでしょう。

不快なのは、白人ヤカラが自国では放送できないような下品な単語をプラカードに書いていることですね。自分の国でやれって感じですわ。あなた方と違って大和民族は節度や礼儀を知っているのだ。

ブロッソン殿の入り込んでいく視線にはとても関心を持っており楽しみにしております。実際、そういう写真を自分でも撮りたいな、という欲求にもかられます。小心な拙僧には叶わないと思いつつもですが。
電車のつり広告のコピーばっかり過激で写真の方はモザイクがかかったり、だらだらと歩いてる風にしか見えなかったり、週刊誌の写真などはつまらない物です。もっとも、撮っている方だって戦闘的な写真を掲載したいのでしょうが、OKが出ないでしょうな。

ニコンF5は今や20000円を切ってキタムラが半年の保証を付けて転がしていますから、欲しいという欲求に駈られますよね。拙僧が写真デビューしたのは中古のニコンEMでしたが、その頃に現役だったのがF5でした。憧れたり欲しかったりしたことはありません。あの重さのカメラを持つ気力があればブロニカS2を出しますからね。しかし、かつての栄光を手に入れるのも一興かと迷ってはしまいます。でも使わないですからねえ。結局買うのは1.5万円のニコンTi35なんですが、これはちゃんと使いますから、拙僧もまだ自我のコントロールが出来ているのでしょう。

スナップショットスコパー25mmもいつかは手に入れたいですね。24mmクラスの一眼レフレンズは結構集まったのですが、イイ画角ですね。ノーファインダーで行進間射撃をしております。
ケントメア400をつめて1/8で撮るなどという戦闘的な行為には憧れますねえ。あっしは、ケントメア400をあえて晴天化で撮って現像を押してパリパリにするのが好きなんですよね。キタムラで手に入らないので、そういう機会は少ないのですが。

私は10・21新宿騒乱を取材した世代ですから、必需品としてのヘルメットと催涙ガス対応レモン一個、そして唯一作動する NikonF。
機動隊なんぞはフェアなもんで、自警団と称する商店会に雇われたヤクザらの暴力と婦女子の拉致が脅威でありました。
騒擾(騒乱)罪適用とは、街頭に居るだけで逮捕され、抵抗すれば公務執行妨害となり暴行が容認される。
自警団のヤクザらが合法と称して好き勝手に犯罪を犯していたのでアリマス。当時流行っていた 『フーテン』 の娘らが一夜にして消えました。
45年経った今でも新宿の商店会の恐ろしさは潜在的にトラウマになっております。

P.S. フィルムはケントメアと言う銘柄でしたか。Rikkie参謀長ありがとうございました。

どもども、Rikkieさん

まぁまぁイルカの怒りは外人さんのオツムに免じて許してやってください(^^;)
そうか、よく見るとそっち系の外人さんなのかな。
国会周辺というのは一般人(参加していない人)が少ない(全くいないわけじゃないですが)のも
混乱を生まなかった要因なのかもしれません。
これが渋谷や新宿だったら、参加者と一般の方とのトラブルなんかもあったでしょう。
まぁこのデモで迷惑していた人は少なからずいましたので、何事もなく終わったのは運がよかったのかもしれませんね。

この頃の反原発運動の盛り上がりはUST中継やたくさんの方がいろんな方法で紹介していると思います。
自分のようなものは一時の好奇心で撮りに行っただけで、あまり褒められるものではありません(^^;)
もっと真摯に向き合うなら、やはり継続して追いかけることが大事でしょう。
まぁ事情があってそこまでできないので寛大にみてください。

F5も安くなりましたよね~。コンパクトなF4もよいなと思うんですが、
F100もなんて物欲だけは・・・(^^;)
F一桁にモノクロ詰めてデモに紛れるなんて、もう腕章付けてもOKかもしれませんね(^^;)

スナップショットスコパー25mmはなかなか使いこなせていないレンズです(^^;)
普段が35mmメインなんで慣れないですね。
まぁ人ごみの中でテキトーに撮るのがこの手の広角の醍醐味なのかもしれません。ナハハ。

どもども、カフカめら さん

そうなんですか。
実際に取材されたのですね。
報道のカメラマンだったのでしょうか?
あの時代を見てきた方には今回のデモがどういう風に感じたのか
興味のあるところではあります。
当時はヤクザがまだまだ幅を利かせていた時代ですから
いろいろ複雑な状況だったのではと思います。
血の気の多い学生とヤクザと機動隊が鉢合わせになっては
起こるべくして起こった事件ですね。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/51861382

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月29日首相官邸前 その4:

« 2012年6月29日首相官邸前 その3 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その5 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ