« ネガから情報を | トップページ | 結束金具 »

2013年5月20日 (月)

ドア

130006_z50p_m35mmf28_23

PENTAX Z-50P SMC M35mmF2.8

ペンタックスのMレンズの35mmを久しぶりに使ったら
思いのほか良い写りだった。

自分のレンズに対するハードルはとっても低いので
ピントさえ合ってればいいレンズってことになってしまうんですが・・・。


こういうドアの写真ってのは、もうありふれた被写体なのですが、
見かけると撮ってしまうのであります。
このドアを開けたら・・・
なんて物語を感じる人も多いですが、
自分の場合は警察の御用になってしまうんだろうなと
現実的な妄想しかできません(^^;)











↓ポチっと押してください

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

« ネガから情報を | トップページ | 結束金具 »

-スナップ(街)」カテゴリの記事

コメント

どもども、ボロッソン殿。

こういうシンプルな被写体をシンプルに表現するのも清涼感があっていいものですね。
そういう意味で言うとペンタックスの35mmが最適でしょうか。
残念ながら、拙僧はペンタックスの35mmはタクマ-35mmF3.5しか持っていません。
これもモノクロでポートレイトを撮ると、娘さんの写ってしまっては不都合なディテールを省略して良い物です。
モノクロポートレイトで最もイイなと思っているのがタクマ55mmF1.8と旧マミヤ6のズイコーですね。あと、ブロニカ用のニッコール135mmF3.5も軟らかく写ってイイですね。
近く、ポートレイトの予定があるので部隊の編成に勤しんでいます。

どもども、Rikkieさん

ただのドアなんですけどね(^^)
こういう写真は80年代なんかに結構流行ったような気がします。
35mmよりも長い玉で遠くから捉えたほうが
パースが抑えられていいのかもしれません。
どちらにせよフィルム面を正対させる方向がゆがみを消せていいのですが、
構図との関係もあるので、ここはNIKONやらキヤノンのシフトレンズが欲しいなと思うときもあります。
とかいいながら、写真撮るときは面倒くさいのは面倒くさいので
シフトレンズなんか手に入れてもほぼ固定で使うのは間違いありません(^^;)

タクマー35mmf3.5もいいですね。
なぜかEF35-70を手に入れるまで、EOS-1nの常用レンズでした(^^;)
やっぱり被写体に向いたレンズというのはあるものですね。
カリカリのレンズで女性を撮っても現実を撮ってしまうようようで、気が引けますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/51698057

この記事へのトラックバック一覧です: ドア:

« ネガから情報を | トップページ | 結束金具 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ