« 2012年6月29日首相官邸前 その2 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その4 »

2013年5月31日 (金)

2012年6月29日首相官邸前 その3

120012_f90_ainikkor35mmf2_15
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120012_f90_ainikkor35mmf2_15
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120012_f90_ainikkor35mmf2_21
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


120012_f90_ainikkor35mmf2_38
NIKON F90 Ai35mmF2 201206



引き続き、昨年の官邸前集会の写真をいくつか載せます。

きれいなお姉さんや家族連れ、
わいわいがやがや。




↓ポチっと押してください

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

« 2012年6月29日首相官邸前 その2 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その4 »

-スナップ(街)」カテゴリの記事

コメント

どもども、ボロッソン殿。

こういう、御写真を拝見していると、我国もアジアの一国だと思いだされて安心できますね。
2枚目辺りまではフィリピンの地方都市と言われても納得がいきます。

デモも遊び半分くらいで始まるのが健全なのではと思います。
「ボランティア」なんてのは、そもそもは「志願兵」ってことですからねえ。

すっかり忘れていましたが、あっしもオートニッコール35mmF2を持っていました。
バル切れで安かったのですが、多分逆光で撮らずにモノクロを通す分には大した影響はないと思うので、デビューさせたいですね。

まァまァ抑えて下さい、我が同志 Rikkie 便衣隊隊長。馴れ馴れしくってスンマセン。
67年第二佐藤訪米阻止闘争で木造三階建ての屋根から撮影中、機動隊催涙液放水を直撃され落下、
半年苦しんで死んだ我が従弟と、ゆ~バカもおりまして、そのことを思うと若いお母さんらが乳飲み子抱いて叫ぶ2012年の
如何に平和なことか、そして如何に危険極まりないことか。

ボロッソンさんの画像は、『 来るべき言葉 』 のための資料足り得る写真だと思うのでアリマス。

また間違えました。上記はカフカめら、であります。スンマセン。
私もF90の2台がメイン機材でした。結局次期メイン機材F5のファインダーの見にくさに苦労し、
F90に戻ってしまいましたが、オソラクモtットモよ~見えるニコンカメラだっちゃ。
と思ってるんです。でっ最近F90Xをヤクオフで取得しましたが、経済原則に則ったツマラン機械です。
音にデリカシィが無い。当時のカメラ坊やに媚びている。キャノン婿養子経営の真似しちゃあNikonも御終い。
とか思う今日この頃です。

どもども、Rikkieさん。

このときは平和的に終わっていましたよ(^^)
60年安保の時もこのくらい人数が国会を取り囲んだんですよね。
私は生まれてませんが(^^;)
そのときは残念ながら死傷者がでました。
この後、デモから闘争へと変わって、
70年安保は・・・・

あ、話がずれてしまいました(^^;)

こういうもどかしい運動は、血を見ることなく終わるのが健全だと自分も思います。
もどかしさから、急いてしまう人が出てこないようにと祈るばかりです。
悲しいことに「兵士」になっていった人々は過去にたくさんいますからね。

AUTO NIKKOR 35mmF2だとモノクロにはぴったりかもしれませんね。
私もAi改造(誰かがやったもの)したものを手に入れております。
モノクロしか通さないので違いがわかりません(^^;)

どもども、カフカめらさん

そうなんですか。それは悲しい・・・。
自分も興奮した群集の中に入るのですから
一抹の不安はありました。暴徒化して機動隊と衝突・・・なんてこともないとも言えないですからね。
現場に着くと写真のように赤ちゃんを連れたおかあさんや子供連れの家族、
若い女性におばちゃん連中と、血の気が多い輩ばかりじゃないことに驚くとともに
少しホッとしたのを覚えています。
参加者を仕切るロープなんかもありましたし、皆さんわりと整然と並んでいました。
そして時間がくると解散。
たぶん、10万人超が自然に集まって、何事もなく終わったのですから奇跡的なことなのではないでしょうか(いろんな意味で)。
万が一何かの線を越えてしまえば、女性や子供を含んだ10万超の群集は、群集そのものが危険であったとも思います。

60、70年安保を見てきた先人達は
もう一度思い出しますよね。
自分も鉄球はTVで見ているので、幼稚園児でも当時の暴走ぶりは肌で感じておりました。
今のところ運動が闘争にかわることはないものと信じておりますが、心配もしております。
何にしろ、正解はないと思うんで、どういう流れになっていくのか見守ることですね。
まぁお馬鹿な自分が思うのはこの程度でして(^^;)
また機会があったらこういう場面を写してみようと思っております。

やっぱりF90のファインダーはいいですよね。
F90Xも手に入れておりますが、まだ試写はまだです。
音ですか。どちらも似たような音だとは思うんですが、個体差ですかね。
F一桁は触ったことがありませんが、
F90はAiレンズが普通に使えるよいい機体だと思います。(゚ー゚)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/51852942

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月29日首相官邸前 その3:

« 2012年6月29日首相官邸前 その2 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その4 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ