« 入梅 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その2 »

2013年5月30日 (木)

2012年6月29日首相官邸前 その1

120014_f90_ainikkor35mmf2_38
NIKON F90 Ai35mmF2 201206

120014_f90_ainikkor35mmf2_20
NIKON F90 Ai35mmF2 201206


昨年の官邸前集会の写真をいくつか載せます。

  




↓ポチっと押してください

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

« 入梅 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その2 »

-スナップ(街)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり撮影者には冷厳なリアリズムが要求されるのかも知れません。
“写真” を後世に残す義務が暗黙の内に課せられるから。
必ずこの撮影者には 『このとき何を見たのか、何を感じていたのか、可笑しかったのか、
哀しかったのか、幾ばくかでも明日を見つけることが出来たのか』 と、
問われることになると思うんです。
だってブログで公表しちゃったのですから。けっこう居ますよソーユー手合い、私みたいのんが。

三社祭なら、いや三社祭であってもギャラリーに同化することなく祭りの有り様、下町文化、
日本の歴史と今日の祭りイベントとの接点をマクロ…
Nikonだからマイクロレンズで撮るべきだったのかも知れません。

感性と理性のじゃんけんポイ。
テキト~なコメご容赦。

どもども、カフカめら さん

写っていたものを出してるんで、
そこから何か感じてもらえばと思っております。
撮影者が感じたことを付け加えてしまえば、
写真のリアリティはなくなってしまうのかもと思っております。

まぁいろいろ意見はありますが、
自分で見てきたものを出しているので
こっぱずかしい部分でもあります(^^;)

ボロッソンさんの心根の暖かさと、対象物を視る (見るではなく) 眼の冷徹さは高く評価させて頂いております。
俄かファンではありますが、エエモンはエエんです!不可解なモンほど好き、と言う病気も併せ持っているんです。

(ヒトサマのブログで意味不明な自己紹介してどないすんねん!)
ほなまた。

どもども。
今後ともよろしくお願いします(^^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/51835988

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年6月29日首相官邸前 その1:

« 入梅 | トップページ | 2012年6月29日首相官邸前 その2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ