« 塀の上の猫 | トップページ | 中野の路地 »

2012年8月23日 (木)

瓶の自販機

090001_newsr1_rokkor35mmf4_35 ●NEW SR-1 ROKKOR35mmF4

秋葉原2009年。

 

どこから持ってきたのか、店先の自動販売機。

コーラにファンタにスプライト。

懐かしい瓶の自動販売機。

 

当時は王冠の裏にくじがあったり、

スーパーカーやスターウォーズのイラストがあったり

楽しかったなぁ。

こういう自販機の栓抜きの下に

糸を付けた磁石を入れて

中の王冠をいただいてました。ハハ

 

そうか。今の子に「王冠」と言ってもわかんないか。

王冠とは瓶の栓(キャップ)の部分ですね。

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

« 塀の上の猫 | トップページ | 中野の路地 »

-スナップ(街)」カテゴリの記事

コメント

初めまして

ビンの自動販売機初めて見た気がします。
モノトーンが良く合う 一枚ですよね

その場で 一気飲みしないとビンもって
移動できない 不便ですねぇ(´Д`|||) ドヨーン

チビさん、コメントありがとうございます。

そうですねぇ。
昭和50年くらいまでは瓶が主流だったと思います。
当時は250ccの瓶が主流で、大人だとほぼ飲みきりサイズだったかな。
炭酸飲料が主流で無炭酸の飲料のほうが少なかった。
今では自販機の主役のコーヒー飲料は瓶の時代にはなかったと思います。
お茶や水も当然ありませんでした。
今のように飲料を持ち歩く習慣もなかったので、
飲み物はその場で飲みきるという時代だったんですね。

それに、今ほど自販機の数は多くなかったですね。
ほとんどが雑貨店や酒屋の店先に置いてありました(コンビニなんてありませんし)。
私なんかは子どものころ、駄菓子屋の店先においてある自販機に群がってましたね~。
毎年夏休みになると、コカコーラとかペプシがキャンペーンをやっていて
王冠を集めたりしていました。
ほぼ缶に切り替ったのは中学生くらいからでしょうかね。
そうそう、瓶の時代は瓶を返すとお金が返ってきましたね。
コカコーラはどうだったかなぁ。
ビール瓶は今もやっているようですが、当時は空き瓶は換金できるものも
多く(ビールや一升瓶)。
酒屋も裏で空き瓶くすねて、その酒屋で瓶を換金するなんてつわものもいましたね。
だいたいばれっちゃいましたが(笑)

いろいろ思い出話が出てきて長くなりました。
またのぞきにきてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/46777448

この記事へのトラックバック一覧です: 瓶の自販機:

« 塀の上の猫 | トップページ | 中野の路地 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ