« 川面に写る真実 | トップページ | ミノルタ SR-1s の修理 2 »

2012年4月30日 (月)

ミノルタ SR-1s の修理 1

Dsc01169

随分昔に手に入れて

家のジャンク箱の中にほったらかしにしていた

ミノルタのSR-1sに手をつけることにしてみました。

いまだとジャンクでも500円~1000円くらいですが

その当時は3000円位したかなぁ。

まずは状態をチェック。

シャッターはスローまで全速切れます。

問題ありません。

ミラーがアップしたまま戻りません。

ミラーアップレバーを少しいじると復帰。

シャッター幕の動きが鈍いときに

ミラー復帰の引き金を引けないこともありますが、

幕はしっかりと動いているので

さてどうしてでしょう?

何か簡単な固着程度なら良いのですが・・・。

外観は巻き戻しノブが微妙にひん曲がってます。

棚にさらされていた感じの埃の蓄積。

まずは軍艦部を開放していきます。

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

Dsc01170_2

 
 
Dsc01173

まずは軍艦部(トップカバー)の周囲のネジをはずします。

シャッターボタンと巻き上げレバーは、

ボタン周囲の皿がネジになっていますので

ゴム板でも当てて回すと外れます。

Dsc01177

巻き戻しノブはフィルム室から割り箸で棒(なんていうんだろう?)を

回り止めして巻き戻しノブを回すと外れます。

あらわれた丸いパーツもゴム板ではずせますが、

固いとかに目回しのようなものが必要でしょう。

シャッターダイアルはダイアル周囲のネジを緩めてはずします。

軸とダイアルの位置関係は特に覚えておく必要はありません。

Dsc01180

この段階で中に何かあるのでつまみ出してみると

干からびた何かの幼虫でした・・・・・。

 
 
つづく

« 川面に写る真実 | トップページ | ミノルタ SR-1s の修理 2 »

=ミノルタ_SR-1s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1668595/45081342

この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ SR-1s の修理 1:

« 川面に写る真実 | トップページ | ミノルタ SR-1s の修理 2 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ